②スペンスおじぃの魅力☆

スペンスおじぃの音楽を初めて聴いたのは、2003年の2月でした。

ゴンチチのチチ松村さんの著書で紹介してあり気になったので、Bahamian Guitarist: Good Morning Mr. WalkerのCDを初めて買いました。

一度、アルバムを聴いただけでかなりの衝撃(笑撃?)を受けて、夜、たまたま冷蔵庫に入っていた梅酒を飲みながら、夜中にCDを延々とリピートし続けたら、いつの間にか朝になり、飲み過ぎ&二日酔いで吐きまくった記憶があります。

一人酒で吐くほど飲んだのは、人生でこの一度だけです。そもそも、酒に弱いので家ではたまにしか飲みません。


スペンスの音楽を聞き込むことで、「自分の音楽へ対する価値観がいかに不自由であったか」を笑いながら思い知らされました。


・歌詞は歌っても歌わなくても良い

・演奏中に意味不明な声を出したり爆笑しても良い

・聖歌や賛美歌であっても、酔っぱらいの鼻歌みたいな感じで楽しく歌っても良い

・ギターのチューニングがずれていることが間違いでない音楽が存在する

・オリジナル曲は作らなくても、音楽スタイルが他の誰とも似ていないのが本当のオリジナル

・音楽は格好つけたり気取ったりする必要はなく、楽しければ良い




スペンスは人間性もかなり魅力的で、尊敬しています!


・敬虔なクリスチャンであったが、ラム酒とチェッカーゲームを愛し、音楽スタイルも話し方もかなりユルい

・勤勉で手先が器用であり"独学で"大工になった

・バハマの首都ナッソーの大工の中で、一番、早く良い家を建てることができる自信があり注文も多かった

・アメリカ出稼ぎ中に多くのブルースを聞いたが、明るい性格の為(?)かブルースをマスターしようとは思わなかった

・数多いレパートリーの中でブルースは"St. Louis Blues"ただ1曲だけ

・アメリカ人に発見された後、現地録音などのレコードが何枚か出たが、一枚も自分のレコードを所有しなかった

・そもそも、生涯、レコード・プレイヤー自体を所有しようとしなかった

・生涯、自動車も所有しようとせず、自転車が好きだった

・アメリカに演奏旅行に呼ばれ、各地で絶賛されるが「バハマで奥さんと過ごしている方が幸せ」と気付いて帰国

・愛妻家で、自分で建てた石造りの自宅も奥さんの名前からルイーズ・コテージと呼んでいた

・多くのプロミュージシャンから尊敬されているが、スペンスは生涯、音楽を生業としなかった

・バハマのミュージシャンが活動しているナイト・クラブ等は、いかがわしい雰囲気が苦手で出演しなかった

・ミュージシャンの憧れ、カーネギー・ホールへの出演依頼を「旅行する気分ではない」と言って断った

・全く気取らず、常に謙虚で礼儀正しい人柄で、子供の扱いも上手く、家族や友人、仲間から愛されていた


私も憧れのスペンスおじぃのような人間になりたいです!

"②スペンスおじぃの魅力☆" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。